自分の返済計画を崩さないのが一番です

キャッシングを利用する場合、たとえ緊急性があったとしても無計画に借りる人はいないでしょう。漠然かもしれませんがこのぐらいの金額をこのぐらいのペースで返していこうと簡単な計画を立てるはずです。

これは私の失敗談から学んだ上手い返し方なのですが、結論から言うと自分の立てた返済計画を崩さないというのが一番上手な返済方法です。余裕が出来たら多めに返済するのはもちろんですが。私は実際利用してから知ったのですが、当初は10万円借りて、三か月ほどで返済する予定でした。

しかし借りてみると「毎月この位返済すれば延滞にはならないですよ」的な目安の金額が載っていたのです。3か月ですから3万円弱ずつ返す計画を練っていたのですが、その最低返済金額の安さに驚いて(こんな少額で良いなら最低分だけ返して残ったお金は別のことに使おう)と考えてしまったのです。それが完全な間違いでした。計画というものは長くなればなるほど狂っていくものです。結局借りては返しての繰り返しになり、完済まで5年の歳月がかかりました。もちろん金利も発生しています。当初の計画通り返済していれば三か月で済んだのにと大変後悔しました。キャッシングにはそういった甘い罠が潜んでいるので、自分の計画を崩さないことが一番大切です。