安くて簡単!除毛クリームで肌を傷めずスッキリ

女性なら最低限のエチケットとしてみなさんムダ毛の処理には気を使っていると思いますが、春先から、夏にかけて肌を露出する季節になると、ムダ毛が本当に気になります。

ムダ毛の処理には、シェーバーをつかったり、エステへ通ったりといろいろな方法がありますが、時間とお金の節約のために除毛クリームを使っています。自宅でとても簡単にお手軽に脱毛できるので、忙しい人にもまた、お金を節約したい人にもおすすめです。

使い方はお風呂に入る前に、腕とすねにクリームを丁寧にぬって、表示されている時間をじっと待ちます。除毛クリームに塗られた毛が溶けて黒くなったりすることもありますが、しみたり、かゆくなったりすることはないので安心して使えます。

もちろん、はだがひりひりと痛んだりしたこともありません。あとは風呂場にいってぬるま湯でやさしく洗い流すだけなのですが、するとどうでしょう。そこにはもう毛が抜けてつるつるになったきれいな肌が見えてきてうれしくなります。

クリームを塗って、時間をおいて洗い流すだけなので、本当に簡単です。私の場合は、除毛クリームを使ったあとに一応保湿のクリームを塗って完了します。もしかしたら、お肌に合わずに除毛クリームが使えない人がいるかもしれませんが、心配な人は最初ちょっとだけ使ってみてください。

ムーモの永久脱毛口コミは本当?実際に使った効果を大公開!

交通事故で多額の支払い

6年前、仕事帰りに交通事故を起こしました。車同士の衝突事故だったのですが、一時停止を無視した私の責任が大きく、お互いの車は破損し、先方の車に乗っていた3名に怪我を負わせてしまいました。

私が加入していた保険会社さんが丁寧な対応をしてくれたので、なんとか解決までこぎ着けました。ただ、刑事処分として罰金50万円の支払いを命じられた事には困りました。当時は経済的に苦しい状態が続いていて、貯金も無く罰金にあてる現金が無かったのです。家族や友人に借金のお願いもしましたが、みな余裕が無く断られました。罰金の納付期限は近づいてくるのに、現金を工面するあてが無く途方に暮れていました。

そんなある日、私宛にクレジットカードが郵送されてきました。自分が持っていたカードの有効期限が切れた為、自動的に新しい物が届いたのです。そのカードは確かに自分で作ったのですが、当時はキャッシングやショッピングが出来るほど給料が安定していなかったので、使うのを自粛していたのです。机の引き出しにしまったまま、持っている事すら忘れていました。送られてきたカードのキャッシング限度額はちょうど50万円でした。私はすぐにそれで現金を引き出し、無事に罰金を納める事が出来ました。今ではその借金も全て返済が終わり、平穏な毎日を過ごしています。悲惨な交通事故のニュースは今でも跡を絶ちません。6年前、自身で起こした事故を教訓にして、これからも安全運転を心がけていきたいです。

リボ払いをする時はしっかり確認を

大学の卒業旅行で海外へ行くというのはもはや定番ですよね。私も例に漏れず、大学の仲間、バイト先の仲間といくつかのグループそれぞれで海外へ行くことに。海外なので初のカードを作りました。手元に届いた時は大人になったようで嬉しかったものです。

そして2ヶ国目であるトルコに行ったときのことです。トルコ絨毯の工場の見学がてら購入もできるという、ありがちな観光でまんまと高額な絨毯を買ってしまいました。母が民俗系のインテリアが好きだったこともあり、大学まで卒業させてもらった母にお礼の品としてプレゼントしたら喜ぶだろうなと思ったからです。説明をしてくれるトルコ人スタッフが上手な日本語で「トルコ絨毯は代々受け継いで行くほど長く使えるもので、年月が経てば経つほど価値があがるものなのですよ」なんて優しい微笑みをセットにして説明してくれたのも大きかったかな。私としては大奮発の12万円の絨毯でしたが、あとからリボ払いにはすればいいかと購入をしました。

絨毯自体はとても良いもので、母も喜んでくれました。が、リボ払いは損だから絨毯だけをリボ払いにしようと思い、支払いの明細に絨毯が載ったところでリボ払いの設定をしようと考えたのが浅はかでした。海外の決済分は時差がかなりあり忘れた頃の3カ月後のことでした。支払い金額の手紙に15万近い金額が載っていてあわてふためきました。急いでカード会社に電話をするも規定の日数を過ぎているのでリボ払いにはできないとのこと。かき集めても当時の私にはどうにもならない金額で本当に血の気がひきました。

当時一番仲の良かった友達一人にだけ、非常識を承知でお金を貸してほしいと頼みましたが、その辛辣な断り方が尚更自分の置かれた状況の重大さを物語るようで更にパニックになりました。プレゼントした手前親に泣きつくのだけは嫌で、最終的にはカードについているキャッシング枠を全額使って支払うという、何とも利息のかかる方法となってしまいましたが、その月の返済は乗りきることができました。

大変だった借金人生も今はいい思い出

昔の話ですが好きな女性ができて同棲することになりました。同棲の条件として彼女には、「生活費且つ娯楽費は全部俺が出す」と大口叩きました。貯金200万。引っ越し費用や家財の購入で半分消え、まだ余裕でした。しかし、手取り25万で女性1人養うことは簡単ではありませんでした。ましてや遊びにいくお金も全て私持ち。ちなみに彼女は家事手伝い。

1か月、2か月が過ぎて半年後には、貯金ゼロ。給料もらったら、家賃や光熱費、遊び代で2週間でなくなり、その後はさらに悲惨。そりゃ休みの度にオシャレなカフェに行ったり、旅行したら俺の安月給で持つはずがない。

節約を心掛けようとネットで検索した「家計の節約術」を参考に頑張ってみるも、1年後には、電気とガス止まる。食べ物買えない。タバコはシケモク。飲み物は水がに砂糖入れてジュースがわり。家賃もキツくなってきたので、とうとう禁断の消費者金融に手を出してしまったのです。

始めは、少し借りてすぐ返そう。と思っていましたが、借りているうちに借金なのに自分のお金と錯覚を起こして泥沼に。気がつけば借金総額80万円にまで膨れ上がっていました。返済してもなかなか減らない。ただ金利を払っているだけ。ここから負のスパイラルに陥りました。給料もらって借金返済。生活費足りないからまた借金。まさに地獄です。

さすがにこれはマズイとマジで思い、両親と彼女と相談してこれからどうするか会議しました。どうにか親からお金を工面してもらって、借金を返しました。

そんな生活も人生の反省点と考えいまは借金のない生活をしています。

お金を借りるって恥ずかしい?そんなことない!

お金を借りるというとどうしても後ろめたい気持ちになりますよね。誰もが初めてお金を借りる時にお金を借りるような店舗に堂々とは入っていけないのではないでしょうか。まぁそれも繰り返し利用していれば慣れてしまって堂々と入ってしまうようにもなってしまうのですが。

親や友人などからお金借りる時も同じようなものですよね。ガサツな性格の持ち主ならば何も考えずに「お金貸して!」と言えるのかもしれませんが大体の方がそのようにはいかないのではないでしょうか。

ただお金を借りることは恥ずかしいことではありません。考えによっては計画的に自分の人生を考えているのですから堂々としていてもいいと自分は思うんです。お金を借りることで自分がこの先どのような人生を送っていくのか不安になる気持ちは隠せないかもしれないですがコソコソすることはないと思いませんか?

ただし、借金を繰り返してお金を借りてしまっているような無計画な借り方は恥ずかしいとは思います。しっかりとした計画を持ってカードローンやキャッシングを行う分には全然隠さなくてもいいかと思います。

そうはいっても世間の目は気になってしまいます。「あの人借金あるんだって」という目ではやはり見られたくないですもんね。

自分の返済計画を崩さないのが一番です

キャッシングを利用する場合、たとえ緊急性があったとしても無計画に借りる人はいないでしょう。漠然かもしれませんがこのぐらいの金額をこのぐらいのペースで返していこうと簡単な計画を立てるはずです。

これは私の失敗談から学んだ上手い返し方なのですが、結論から言うと自分の立てた返済計画を崩さないというのが一番上手な返済方法です。余裕が出来たら多めに返済するのはもちろんですが。私は実際利用してから知ったのですが、当初は10万円借りて、三か月ほどで返済する予定でした。

しかし借りてみると「毎月この位返済すれば延滞にはならないですよ」的な目安の金額が載っていたのです。3か月ですから3万円弱ずつ返す計画を練っていたのですが、その最低返済金額の安さに驚いて(こんな少額で良いなら最低分だけ返して残ったお金は別のことに使おう)と考えてしまったのです。それが完全な間違いでした。計画というものは長くなればなるほど狂っていくものです。結局借りては返しての繰り返しになり、完済まで5年の歳月がかかりました。もちろん金利も発生しています。当初の計画通り返済していれば三か月で済んだのにと大変後悔しました。キャッシングにはそういった甘い罠が潜んでいるので、自分の計画を崩さないことが一番大切です。